特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会 トップ

Pocket

illust2187

「特養入所を考える会」とは

「特養入所を考える会」は、特養の入所について、ほかのサイトに記載されているような記事ではなく、介護施設も嫌がるリアルな記事を掲載しております!
特養入所を考える会 代表の猪木文一と申します。
※代表の猪木文一のプロフィールはこちらから

介護業界は、特に介護保険が始まった2000年以降、目まぐるしく変化した業界であると思います。

介護保険の制度自体も3年に一度変更されている現状で、現場の介護職員、現場のケアマネジャーも制度の変更についていくことだけで精一杯で、なかなか介護を必要としている方や、そのご家族様にキメ細かいサービスが行き届いていない状況ではないかと思います。

私自身、介護業界に長くおり、特養の責任者、居宅介護支援事業所の管理者を長く経験し、現在は介護コンサルタントとしてさまざまな介護事業所と関わる中で、介護業界はもっともっとみなさんにとって必要になる業界であるにも関わらず、人材不足や低所得などで捉えられることが多く、虐待問題など本当にネガティブなイメージが付いており、本当に残念でなりません。

特養入所を考える会とは、2006年に私が、当時57万人の待機者がおられると話題になった特養入所の情報を公開するべくスタートさせたサイトです。

もともと別のブログで情報発信していたのですが、とても反響が大きく、「ぜひともお会いしたい」と何度もご連絡も頂くほどで公開の必要性を実感しております。

当時私はとある特養の責任者をしており、特養入所の責任者でもありました。

涙ながらに相談に来られるお年寄りや家族の相談をうけながら、「これではいけない、何かしら私の持っている情報をお伝えしていこう」とインターネットの知識もない中、とりあえずブログをスタートさせたのです。

そんな時に、「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」という特養入所の情報をまとめたものを一つの記事にしました。

これは当時運営していたブログを読まれる方から、ぜひとも情報をまとめて出版してほしいという声からスタートさせたものです。

どうすれば出版できるか、そんな知識もない私はひとつの出版社が行っているコンクールに目がとまりました。

今は存在しない出版社、新風舎出版においてコンクールをされており、毎回3000人もの作品が応募されるというコンクールでしたが、そこにこの「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」の記事を出させて頂いたのです。

その第28回新風舎出版賞ノンフィクション部門において優秀賞を受賞することができ、改めて特養への入所、老人ホームなど施設への入所に対する情報やニーズというものが高いものだと認識いたしました。

いまではここで情報発信を行いながら、介護コンサルタントを行っています。

特養入所、施設入所については、国の介護保険の考え方からすると抑制したい部分だと思います。国としては在宅生活へシフトしていきたいのが近年の制度改正で良く分かります。

しかしやはり介護施設への入所を必要としている方は多くいらっしゃいます。またそのために様々な悩みを抱えておられる方もおられます。

また要介護者や家族などの介護者だけではなく、施設の介護職員やケアマネジャーも悩みながら業務に当たっています。

私はすべて知っています。そんな方たちにとって有益な情報をこのサイトで伝えていけたらと思うばかりです。

平成29年8月
猪木 文一
.
gf01a201503250600

「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」とは?

第28回新風舎出版賞ノンフィクション部門優秀賞受賞作品「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」を公開しています!

新風舎出版賞に関わる先生方から頂いた講評は以下の通りです。

判定方法の制度や入所申し込み時のテクニックなどさまざまな事例で紹介しているため、基礎知識としても非常に勉強になる。

同時に在宅介護を支える介護支援専門員が果たす役割、抱えている問題、質の向上についても問題提起しており、その解決こそがよりよい福祉政策への第一歩であることが分かる。現在必要性が叫ばれている「個別ケア」や「ターミナルケア」への取り組みについても描かれており、高齢者を抱える家族にとっては必読の書となるだろう。

(「特別養護老人ホーム(特養)の早期入所を実現する!〜もう担当介護支援専門員(ケアマネジャー)にはまかせられない!」講評より)

出版業界においてこの「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」を認めて頂いたと思っています。

在宅介護をされている方で、実際、特別養護老人ホーム入所ができなくて失望されているという方は少なくないと思います。

特養は、終の棲家としてはやはり安心できる場所でありますので、とても人気のある介護施設です。なかなか入所することができない、という情報を知りながらも、担当のケアマネジャーに特養への入所を相談してみるとこんな答えが返ってきます。

には、入所できないと思いますよ。みんな3年~5年待ってますからね」
「介護ができる家族がいれば、特養への入所は間違いなくできないでしょうね」

どうしよう・・・そう思いますよね。絶望される方もおられるかもしれません。

しかし、このケアマネジャーの返答は完全に外しているとは言いませんが、完全な正解であるとも言えません。そもそもケアマネジャーが特養入所について、何も分かっていない可能性もあります。

特養への入所申請をケアマネジャーにしてもらった後、
「いつ特養に入所できるのですか?」
と状況を尋ねたらこんな答えが返ってくることがあります。

「特養に状況などの問い合わせをすると嫌がられて入所が遅くなることがあるんです」
「特養からはまったく連絡がないですね」
「特養の入所はまだまだじゃないですか」

こんな返答が返ってきたら、もうこの在宅介護いつまで続くのかとやはり絶望される方も少なくないでしょう。

これは完全にケアマネジャーの怠慢と言えるでしょう。ご家族様の在宅介護の大変さをまったく感じておられないケアマネだからこその答えです。

このやり取りは実はフィクション(想像・架空)ではありません。

私が特別養護老人ホームで、入所の受け入れ責任者をしている時代に、実際にご家族様から相談を受けている時に聞いた話の内容そのものなのです。

このサイトでは特養の入所に関するリアルな情報だけをお伝えしています。
特養に入所したいという方には絶対にお読み頂きたい内容となっています。

こちらからぜひとも「特別養護老人ホーム(特養)に早く入所したい人だけに教えます!」に関する記事をお読み頂きたいと思います。(※平成29年9月14日に記事を更新しました。)

第28回新風舎出版賞ノンフィクション部門優秀賞受賞作品「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」全編を公開しています!


「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」
※3,000円(税込) PDFデータによる販売


「特養が必要だと感じたら~特養早期入所マニュアル」
※1,500円(税込) PDFデータによる販売


0006

介護施設の入所相談が無料です

実際に当サイトを運営していると、
「空いている施設はありますか?」
「○○県ではどこの老人ホームが良い老人ホームですか?」
「特養に入所はできるのでしょうか?」
と、お問い合わせを頂くことが、多々あります。

毎日多くの相談を頂きますので、1通1通の返事に時間を要する事がありますが、丁寧に返事をさせて頂いております。

こちらから当サイト管理者に直接メールにて相談することが可能です。

介護施設は現在どんどん増えており、特別養護老人ホームだけでなく、老人保健施設、医療療養型、グループホーム、有料老人ホーム、高齢者専用賃貸住宅など多種多様です。
どの介護施設に入所すれば良いか、
どの介護施設は良い介護施設なのか、
どのように介護施設を選んだら良いのか
など、なかなか分からないと思います。

当サイトでは、終の棲家とも言える介護施設を選ぶための情報をどんどんお伝えしておりますので、ぜひともお読み頂きたいと思っています

またメールフォームにて頂いた内容から、記事にさせて頂くことでお悩みの共有もしております。

※もちろん記事に対する個人情報やプライバシーには完全に配慮した上で、一般的なお悩みとして記事を作成しております。

また当サイトでは、老人ホーム検索サイトと提携をしております。

有料老人ホーム検索サイトでは、知識と経験の豊富な相談員がご希望に合う入居可能な施設を無料でご紹介して頂けます

もちろん登録料や紹介料などは無料ですし、無理に施設に入所させられるといった心配はありません。

登録だけでもしておいて、相談だけでも良いかと思いますし、便利に利用して頂きたいと思っています。


こちらの老人ホーム検索サイトが当サイトがイチオシしている老人ホーム検索サイトです。


cropped-pic_g0651

その他の介護相談もお受けしております

介護施設に対するお悩みだけではなく、
日々の介護サービスの事、
金銭的な事、
成年後見人などの制度的な事、
相続や住まいの問題、
さまざまな事を悩みとして抱えておられる方はたくさんおられると思います。

当サイト管理者は、介護関係の経験だけではなく、ファイナンシャルプランナーとして金銭的な問題や、社会福祉士として専念後見制度の問題などにも携わってきました。

その経験から介護にまつわるさまざまなお悩みにお答えしていきたいと思います。

こちらからご連絡を頂ければ、無料で相談にお答えさせて頂きます。完全無料です。

また必要に応じて、専門職の方におつなぎする事も可能です。
当サイトでは、さまざまな専門職の方と連携を図っております。


すぐに介護や相続、税金、成年後見、そのほか住まいに関することなどをトータル的に専門家へ相談したい方は、こちらをクリックして、無料登録を行ってください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする