認知症増加に対する国家戦略!?安倍首相が発表した案は・・・

Pocket

読売新聞によりますと、認知症に関する国家戦略案を政府が近く公表するようです。

特徴であるのが、発症初期65歳未満の若年性認知症への支援強化が柱であるということです。いままで対応として弱かった部分です。先日お伝えした「認知症初期集中支援チーム」の設置により看護師らが自宅訪問するシステムが導入されます。また若年向け相談窓口を整備し、初期段階から患者本人や家族の不安を軽減しようとする試みも始まるようです。いつまでも住み慣れた地域で暮らせる社会を目指すということが根本にあります。

安倍首相は8日、塩崎厚生労働相に対して省庁横断の国家レベルで認知症対策を進めるよう改めて指示したようです。この国家戦略案は、認知症について、症状の変化に応じて「切れ目なく医療・介護などを提供する」と明記されています。

現状では、認知症の初期段階でのサービスはほとんどありません。先ほどの「認知症食集中支援チーム」も現状では41自治体のみ。今後の対応に期待します。

このサイトでは特養入所に関して
今まで明かされてこなかった特別養護老人ホーム(特養)入所に関する情報を一般に公開しています。
・在宅介護でお困りの方
・特養入所についてお知りになりたい方
・難ケースを抱えて困っているケアマネージャーさん
すべての方に見ていただきたい情報です。
ぜひごらんになってください。!

第28回新風舎出版賞ノンフィクション部門優秀賞受賞作品!
「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」

前作をさらに分かりやすく解説!特養入所の入門書!
「特養が必要だと感じたら~特養早期入所マニュアル」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする