特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会
特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会 > 介護保険「混合介護」の可能性を考える。介護保険再生のカギはこれだ!

介護保険「混合介護」の可能性を考える。介護保険再生のカギはこれだ!


gatag-00005607-1
スポンサーサイト


最近よく「混合介護」という言葉を耳にします。みなさんはご存じでしょうか。
介護保険で訪問介護サービスを受けるには介護保険で認められた内容に限ります。しかしどうしても介護保険で認められない内容についてもニーズがあるために、保険内のサービスと保険外のサービスを明確に区分して提供する、という前提のもとで容認されています。

この介護保険内、介護保険外のサービスをどこからがどうという議論はここでは省きますが、介護保険外のサービスについては事業所が取り決めた金額設定をご本人から徴収することになっています。

「混合介護」とは、この保険内サービスと保険外サービスを同時一体的に提供することのできる新しいサービスのことを言います。介護サービス事業者がその価格を自由に決めることができ、介護報酬を上回る値段に設定することもできるようになります。
そして保険外も組み合わせた大変満足度の高いサービスを行うことができます。

この混合介護ができるようになると、事業者が公正で自由な競争ができるようになります。勤めている職員にとって大きなメリットがあります。事業所の収入が増える可能性が大いにあり、賃金アップにつながる可能性が大いにあります。

また事業所が創意工夫を行い、利用者のニーズに応え、満足を得るサービスを提供することができるために、職員のモチベーションアップにも繋がるでしょう。

デメリットとして言われていることは、事業所のモラルです。モラルに反して高額な請求をする事業所が出てくることが考えられます。一部の裕福な高齢者だけがいいサービスを受けられるサービスとなってしまう可能性も考えられます。

メリット・デメリットについては検討し尽くすことが必要ではありますが、この混合介護については進めていく必要があると考えられます。介護給付費については今後著しく上昇することは考えにくく、よって介護職員やその周辺で働いておられる方の賃金の上昇については限度があると思います。もちろん賃金だけがそのモチベーションになる訳ではありませんが、今後介護の価値が上昇するためには重要な要素になるのは間違いありません。
記事 井上歳行

【スポンサーサイト】