利用者・家族も考えているケアマネ不要論!?ケアマネは何する人?

Pocket

gatag-00011948
スポンサーサイト

ケアマネジャー不要論がにわかにささやかれています。
これは現在ケアマネジャーとして職務についている人たちにとっては、
とんでもない話ですが、
厚生労働省内では話題に挙がっているのは間違いのない話です。

そもそもなぜケアマネジャー不要論が挙がってきたかというと、
以前書いた記事「厚生労働省内でケアマネ不要論があるのを知っていますか?」も見てほしいのですが、

ケアマネの質が厚生労働省の期待に追いついていないという点が大きいことは間違いありません。

しかし今日は少し視点を変えて述べてみたいと思います。
利用者・家族にとってケアマネジャーはどんな存在なのでしょうか?
「利用者や家族からしっかりとアセスメントして、必要なニーズを探り必要なサービスを調整する」
というケアマネジメントに基づいたものであることは百も承知です。

しかし利用者や家族がサービス希望についてしっかりとした意見を持っておられる方も多く、
近所の口コミなどで事業所の情報を収集した利用者・家族にとっては、
特にケアマネの必要性も感じていない。
「月に一度来られるケアマネジャーさんは雑談して帰られるが・・・・」
そんなケースを担当されたケアマネジャーも多いのではないでしょうか。

さらに追い打ちをかけて、
契約書、重要事項説明書、計画書などなど、書類のオンパレード。
何枚も何枚も、名前と印鑑の繰り返しという場面も多いのが現実です。
もちろん大事な書類なので必要にはなるのですが、
「もうケアマネさん、書いといて!」と言われたケアマネも少なくないでしょう。

施設ケアマネにしても同様、
生活相談員や介護職員と兼務でケアマネジャーをされている方も多い中、
家族にとってはその必要性がもうひとつ理解できない。
「兼務するなら介護職員や生活相談員がすればいいのでは?」

そんな風に書いてしまいましたが、雑談も書類も大事な業務なわけです。
しっかりとケアマネジャーの業務についての理解はしておいて頂く必要がありますし、
書類についても無ければ大変なことになってしまいます。

何よりもケアマネジャーは利用者の尊厳を護り、
質の高いケアを提供するために不可欠な職種なのです。
モニタリングで相当な時間を費やし、
利用者・家族と信頼関係を築くために多大な労力を費やしているのは、
間違いなくケアマネジャーしかありえない。
これは間違いありません。

サービスのマッチングだけなら確かに利用者でも家族でも出来る方はおられるでしょう。
しかしここにケアマネジャーの存在意義があると考えられますし、
もういちどケアマネジャーの在り方について日々の業務を見直されることも必要ではないでしょうか。
そして厚生労働省に「ケアマネジャー不要論」なんて意見を
軽々しく出されることがないようにしなければなりません。

記事 井上歳行

【スポンサーサイト】