特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会
特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会 > 特別養護老人ホーム(特養)の早期入所を実現する!〜もう担当介護支援専門員(ケアマネジャー)にはまかせられない!

特別養護老人ホーム(特養)の早期入所を実現する!〜もう担当介護支援専門員(ケアマネジャー)にはまかせられない!


【スポンサーサイト 施設入所相談無料】



s_gahag-0119217873

スポンサーサイト


担当ケアマネにこんなことを言われて失望した事はないですか?!

「特別養護老人ホーム(特養)入所は3年~5年待たないと入れませんよ」
「あなたはご家族様がしっかりされているので特別養護老人ホーム(特養)入所は無理ですね」

いずれも根拠の無いまったくのうそなのです。

特別養護老人ホーム(特養)の入所申請後に状況を尋ねたらこんなことを言われませんでしたか?!

「特別養護老人ホーム(特養)にあまり連絡すると嫌がられて入所が遅くなりますよ」
「特別養護老人ホーム(特養)からはまったく連絡がないですね。まだ入所の順番が近づいていない
のではないですか」

これは介護支援専門員の怠慢といわざるを得ません。



私は特別養護老人ホーム(特養)で入所受け入れ担当をしています。
私自身がケアマネージャーでもあります。
特別養護老人ホーム(特養)入所の真実を伝えてあげます。
心から感謝され、時には涙を流される方もおられます。
「肩の荷がおりました・・・・」
私は特別養護老人ホーム(特養)の職員として当たり前のことをしているのになぜでしょう?

いままで特別養護老人ホーム(特養)入所に関する情報がなかったからです!!

特別養護老人ホーム(特養)に入所するためには利用したい人が
その特別養護老人ホーム(特養)に申し込みを行う事になっていますが
申込書は基本的に担当のケアマネが書くことになっています。
どの特別養護老人ホーム(特養)に入りたいかは基本的に特別養護老人ホーム(特養)を利用したい人が選ぶことが出来ます。

しかし特別養護老人ホーム(特養)入所を実現するには申し込みをしてから
3~5年かかると一般的には言われています。


ただ担当介護支援専門員(ケアマネージャー)がそう言うのには
本当は明確な根拠はないのです!!

一般の人からするとケアマネに言われたとおりに聞くしかありません。

特別養護老人ホーム(特養)入所は申し込み順番制ではありません。!
「緊急性の高い方から」順番に入所と言うことになっています。
では特別養護老人ホーム(特養)入所に必要な緊急性とはなんでしょう?

ご存知でしょうか?

実は一般にまったく知られていないどころか
ケアマネもまったくわかっていないのが現状なのです。

要するに「特別養護老人ホーム(特養)入所に対する緊急性」を理解することが、
入所申し込み時のテクニックであるということになります。


特別養護老人ホーム(特養)入所を希望される方にとっては、
ほとんどの場合がケアマネージャー任せであり、
特別養護老人ホーム(特養)入所を希望する本人や家族が関わる事は
特別養護老人ホーム(特養)の施設見学や申込書の提出くらいである。

しかし・・・

必ずしも担当ケアマネが特別養護老人ホーム(特養)入所を早く出来るように動いているとは限らず、
それどころか特別養護老人ホーム(特養)への申し込みをしてほったらかしになっているケースが
少なくないのです。。


特別養護老人ホーム(特養)入所申込書は各市町村によって様式が異なるが
1~3枚程度の専用の申込書に本人や家族の状況を記載し
特養に提出することとなっています。

特別養護老人ホーム(特養)側はこの数枚の入所申込書により緊急性を判断するしかないために、
この入所申込書の書き方次第では入所できる順番が
大きく変わる可能性があります。

しかし・・・

ケアマネが書き方をきちんと習っているわけではなく、
しかも内容がよくわからないものも多いのが現状なのです。
特別養護老人ホーム(特養)入所はその緊急性が極めて高い場合、
行政が関わる「措置入所」をはじめ「特例入所枠」など設定されています。
どういうときに「措置入所」になるか、
どういうときに「特例入所」となるか、
またそれがどういう流れで行われるか、誰が決定するのか、
なにを基準に緊急というのかなど、
その方法や制度はほとんど知られていません!
ケアマネであるなしに関わらずです!!


その制度を駆使する事により
本当に特養を必要な方にとって早期に入所が可能となるのです。

このサイトでは特養入所に関して
今まで明かされてこなかった特別養護老人ホーム(特養)入所に関する情報を一般に公開しています。
・在宅介護でお困りの方
・特養入所についてお知りになりたい方
・難ケースを抱えて困っているケアマネージャーさん
すべての方に見ていただきたい情報です。
ぜひごらんになってください。!


 

第28回新風舎出版賞ノンフィクション部門優秀賞受賞作品!

「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」

前作をさらに分かりやすく解説!特養入所の入門書!

「特養が必要だと感じたら~特養早期入所マニュアル」

特養入所を考える会
代表 井上歳行

 

【第28回新風舎出版(現 文芸社)ノンフィクション部門優秀賞受賞】
私どものお伝えしている情報が出版業界にて高い評価を得ています!

(出版社講評全文)
「特別養護老人ホーム(正式名・介護老人福祉施設)とは、日本で最も多い高齢者施設のことで、2007年現在で全国に焼く6千施設、入居者約40万人、待機者約50万人程度といわれている。

明確な基準がないまま入所の順番をただ何年も待っているケースが多いわけだが、最近に見る高齢者虐待や、核家族化が進む中での在宅介護など、本当にこの施設を必要とする人が早期入所を実現するにはどうしたらよいか、それをホームの現場責任者側から分かりやすく説明している。

判定方法の制度や入所申し込み時のテクニックなどさまざまな事例で紹介しているため、基礎知識としても非常に勉強になる。同時に在宅介護を支える介護支援専門員が果たす役割、抱えている問題、質の向上についても問題提起しており、その解決こそがよりよい福祉政策への第一歩であることが分かる。現在必要性が叫ばれている「個別ケア」や「ターミナルケア」への取り組みについても描かれており、高齢者を抱える家族にとっては必読の書となるだろう。」

(「特別養護老人ホーム(特養)の早期入所を実現する!〜もう担当介護支援専門員(ケアマネジャー)にはまかせられない!」講評より)

第28回新風舎出版賞ノンフィクション部門優秀賞受賞作品!

「特別養護老人ホームの早期入所を実現する~もう担当介護支援専門員に任せられない!」

前作をさらに分かりやすく解説!特養入所の入門書!

「特養が必要だと感じたら~特養早期入所マニュアル」

 

【スポンサーサイト】


 

【特定商取引法の表記】