特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会
特別養護老人ホーム(特養)入所を考える/特養入所を考える会 > 介護保険サービス利用時の自己負担3割負担検討!?

介護保険サービス利用時の自己負担3割負担検討!?



4631391349_71cd9a17b0

今月の頭にこのような記事が新聞紙上に出ました。本日はこの記事の内容について少し見ていきたいと思います。

 

介護サービス自己負担3割負担案浮上

みなさんご存知の通り、介護保険の自己負担額については、介護保険制度がスタートしてから原則一割負担でした。いつかは2割負担、3割負担という話も少しずつ出ていましたが、昨年8月から一定以上の所得の人に対して2割負担となりました。昨年、引き揚げられたばかりなのです。
もしも3割負担導入という事になれば、当然のことですが現状で2割負担されている人の中から、一定以上の所得のある人に対して3割負担を課すことになります。ということは、単純計算ですがここ数年で、介護サービス自己負担が3倍になるという事態となるわけです。

これは介護サービス離れに繋がるのではないかと危惧します。
もちろん所得の多い方には、その分多くの負担を強いられるという考え方は間違いではないかと思います。しかし、あまりに引き上げが早すぎるように思います。

 

政府の思惑は

この記事は案として出ているのみで、何かしら改正する時期などは全く出ていない状況です。
これはあくまで私見ですが、恐らく財務省としては、医療保険との兼ね合いから3割負担案を出していきたいという考えがあると思うのですが、やはり時期が早いとの懸念もあることから、この記事を表にだして世論の様子を見ているのではないかと思います。

厚生労働省としても現状での3割負担案は反対はするでしょうが、いずれは3割負担はやむを得ないという認識があるでしょうから、ここらで世論の本音を聞いておきたいのではないでしょうか。次期、介護保険制度改正に3割負担が実現できるのかどうかを図っているようにしか思えません。

政府はまたこの時期に、来年度より介護職員処遇改善加算の積み上げを行う発表をしました。「介護職員の賃金1万円アップ」というやつですので、みなさんもご存知でしょう。これは、1月に解散総選挙と言われていますので、選挙対策ととってもいいでしょう。ですので、

「介護職員1万円アップ」

「解散総選挙・自民党の勝利」

「介護サービス3割負担の導入」

そんな流れを想定していることも考えられないでしょうか。私の考え過ぎと思いたいところですが。