特養に空きがある現状について思う事

Pocket

2017-08-29_121929

介護1~2でも特養入所はできる!

特別養護老人ホームの入所できる対象が以前は要介護1~5でしたが、いまは要介護3~5となりました。
ただこれは原則論ですので、要介護1や2の方だってきちんとした理由があれば入所できるのです。しかし原則不可ですという部分がどうも強いなというのが印象ですね。正直。

私はこのサイトで特別養護老人ホームの入所について情報発信をしてきましたが、この要介護3~5に変わる時に大反対の1人でした。なぜ要介護1、2の人は入所できないんだと。

本当は要介護1や2でも特養入所の必要性はあるはず!

特養の入所担当されている相談員さんやケアマネさんだったらお分かりかと思うんですけど、身体的に元気ならば在宅が可能かといえばそんなことないんですよね。
そもそも要介護1、2と言えども、介護が必要な状況ですし、また今の介護認定って、認知症なのに身体的に元気な方というのは、どうも認定が上がりにくいと思いませんか。どうもそういう風になっていると思うんですよね。この認定調査って。

空きがあるから営業に行かねばならない相談員たち

いま10年ほど前の特養とは違い、空きがある特養がたくさんあるという情報を得ています。
私の地元でもそれは聞いています。介護3~5の人を確保するのが難しくなってきてるんです。
だから相談員さんは、営業に行くんですよ。いまの時代。

特に町中から外れたような特養だとたいへんな様です。入所できる利用者を獲得するのが。
なんかおかしな制度だと思うのは、わたしだけでしょうか?

特養入所の早期入所を実現するには

それでもやはり入所が難しいと言われる「特別養護老人ホーム」
どうすれば特養に入所ができるのでしょうか。
特養入所のシステムを知らないケアマネジャーが多くおられる中、やはり知っておくべき知識になるのではないでしょうか。

詳しくはこちらのページに

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする