特養と老健の入所で悩んでいる人!正しい介護保険施設の選び方とは

Pocket

特別養護等人ホームと老人保健施設の決定的な違いとは

現在、介護保険施設の入所を検討されている方で、
「特別養護老人ホーム(特養)に入所した方がいいのか」
「老人保健施設(老健)に入所した方がいいのか」
とお悩みの方がおられると思います。

私は以前、このような相談を受けたことがあり、
「老健のほうが、看護師やリハビリ職員の数が多く、医師もおられるようなので、老人保健施設に入所したいと思っています」
とこのように言われたことがあります。

おっしゃるとおり、看護師やリハビリ職員の配置基準が違いますので、医療関係の職員の数が圧倒的に多くなりますし、ご家族としては安心できるのかもしれません。

しかし待ってください。
老人保健施設は退所が必要なことをご存知ですか?

特養は終身的に入所できる施設が圧倒的に多くありますが、老健は基本的に短期間(3ヶ月~1年くらい)で退所する必要があります。もしも終身的に入所をお考えであれば、老人保健施設はおススメすることはできません。

ここでは、特養老健の違いについて簡単に説明し、どのような時にどちらの介護保険施設に入所すればいいのか、正しい選び方についてお伝えします。

老人保健施設の役割とは

特養はよく「終の棲家である」と言われます。
人生の最後を特養で過ごすという、終身入所的なコンセプトで存在しているのが特養です。

老健は「中間施設」であると言われることがあります。

中間施設とはどういうことか説明しますと、例えば病院に入院されているお年寄りがおられるとしましょう。そのお年寄りが病院で病気を克服されたので、退院できますと主治医から告げられたとします。

しかし病院に入院している間、安静にする必要があるのでいつもベッドに横になっている間に歩けなくなってしまった、そんなことが実際には起きてしまいます。

しかし病院では病気を治療するところですので、病気が治っているわけですから基本的には退院しなければなりません。

そんな時に、入所することができるのが、老人保健施設です。

老人保健施設は、病院と在宅との「中間」に位置付けられている施設で、病院で歩けなくなってしまった人に対して、リハビリなど訓練を行いながら生活をして頂くことで、在宅生活が営めるようにしていく介護保険施設なのです。

そのため職員の配置は特養と比べて看護師やリハビリ職員などの医療職員が多く配置されているのです。

しかし老健は別の目的で使われていることが多い

老人保健施設の本当の目的は先ほどお伝えさせて頂いた通りです。

しかし、中には特養の入所待ちのために入所されているような人も多くおられます。老人保健施設にもよりますが、基本的には長期間入所することはできませんので、どこかの時点で退所しなければなりません。

ただ退所しても、そのお年寄りは自宅に戻れないことが多くあります。そんな時は、また別の老人保健施設に入所する事になります。そうです、

終身的に入所できる特養に入所するのを、老健に入所しながら待っているのです。

そのような方は何箇所かの老人保健施設を転々と退所と入所を繰り返されます。

仕方がない事であるのかもしれませんが、やはり同じ場所で落ち着いて生活されるに越したことはありません。ですので、老人保健施設の本当の役割を知って、入所を検討されることが必要であると思います。

落ち着いて最後の人生を送るには特養への入所が不可欠です

いかがでしたでしょう。
特養の役割と老健の役割の違いがお分かり頂けましたでしょうか。

冒頭に申し上げましたが、老人保健施設の入所について相談を受けた時に、私は特養に入所したほうがいいという旨のお話をさせて頂きました。やはりその役割を認識した上で、介護保険施設の入所を決定するべきであると思います。

ただ一般的には老人保健施設は入所はしやすいと言われています。
定期的に退所される方がおられるので当然です。

特養はいつ空きがでるか分からない状態ですので、やはり入所することは難しいと考えられます。そのために、特養への入所について、情報を知りえることが不可欠ではないかと思います。

詳しくは、こちらのページ
「特別養護老人ホーム(特養)に早く入所したい人だけに教えます!」
をご覧いただきたいと思います。