介護職員人材不足への市町村の取り組み-北海道十勝本別町!

Pocket

介護職員人材不足への市町村の取り組み-北海道十勝本別町のオールインワンの取り組み事例が素晴らしい!

介護職員人材不足への市町村の取り組み実態

スポンサーサイト

介護人材の不足が叫ばれだして、厚生労働省においてもその現状と課題を明らかにされています。団塊の世代が75歳になりきる2025年には。介護人材が250万人近くは必要で、毎年6~8万人ほどは確保していかねばならない状況にあります。

国においても介護人材を確保できるようにさまざまな取り組みを行ってはいるのですが、各市町村においても独自の政策で介護人材を集めようと工夫されているようです。

私が住んでいる京都府でも「京都府福祉人材確保総合事業」というものを行い、介護人材確保や定着に向けた取り組みを行っています。

そのような市町村独自の取り組みの中で、北海道にある十勝本別町の取り組みについてみていきたいと思います。

十勝本別町では、具体的に
「介護職員の確保・定着のための資金援助」「子育てがしやすい環境づくり」「十勝本別町への移住」
を同時に促進していますので、十勝本別町に家族で移って、介護職員をやってみようかなという人には、おススメできる取り組みです。

北海道内の方でも、また別の土地から移っても良いかなと考えておられる方であっても、とっても素晴らしい取り組みであることが分かります。

内容を深く見ていきたいと思います。本当に良い制度だと思います。

十勝本別町の介護職員への就業支援をおススメする理由

スポンサーサイト

なぜ京都に住む私が、北海道十勝本別町の紹介をするのかと言いますと、私が運営しているこちらのサイト記事「キレイマメ-北海道十勝本別産地の黒豆をおススメする理由!」でもお伝えしているのですが、私が働く京都駅付近で、十勝本別町にある北海道本別高校の方から、十勝本別をアピールするチラシと、特産物である黒豆商品「キレイマメ」を頂いたんですね。※画像参照

その高校生は、恐らく修学旅行で京都にいらっしゃったんだと思いますが、高校生が旅行で京都に来ているのも関わらず、地域の振興のために働いておられる姿に感銘を受けたのです。

私は最初、よくあるティッシュ配りかと思い無視しようとしていたのですが、受け取って事務所で受けたっとものを見ていると、もっときちんと受け取れば良かったと反省しました。

その反省の意味も込めてこの記事を書いています。

ちなみにこの黒豆「キレイマメ」の素焼きのものを頂いたのですが、めちゃくちゃ美味かったので、ぜひお買い求めください(笑)この記事内「キレイマメ-北海道十勝本別産地の黒豆をおススメする理由!」にて購入方法についても記載しています。

では、十勝本別町の政策について見ていきたいと思います。

十勝本別町の大きな3つの支援政策が素晴らしい

スポンサーサイト

さて、黒豆ともうひとつ頂いたチラシを読み進めてみると、本別町では3つの政策に力を入れておられるのが分かります。

十勝本別町ではじめる介護の仕事

「本別町ではじめる介護の仕事」と題して、本別町での介護職員に対する支援内容が書かれていました。

「就職すると10万円」
「5年間で最大125万円の就業支援」
「引っ越し費用補助」

これは、「本別町介護従事者就業支援等補助金」と呼ばれているもので、就業支度金、就業支援金、住宅準備支援補助金を交付されるというものです。また養育に関する「養育支援補助金」も交付されます。

※要件については、本別町ホームページ「【介護人材確保対策】本別町で介護の仕事をしませんか」をご覧ください。

十勝本別町の子育て

十勝本別町では、独自に子育てに対する支援も行っておられます。具体的には・・・

「第3子の保育料無償化」
「18歳までの医療費無料」
「出産時記念品贈呈」
「幼時から高校まで完全給食」

これも素晴らしい取り組みですね。私は小学生と中学生の子供がおりますが、医療費無料や給食制度はありがたい取り組みだと思います。

十勝本別町での子育て支援については、こちら「本別町で子育てする人たちへの支援サイト」をご覧ください。

十勝本別町への移住・定住促進

十勝本別町の人口は7300人、3715世帯の町となっています(平成29年9月現在)。農業を中心とした町で、北海道への移住の支援や定住するための政策に力を入れておられます。

「移住相談窓口の設置」
「短期・中期・長期のお試し住宅」
「空き家・賃貸住宅・公営住宅の空き室情報」
「仕事の情報」
「移住・定住向け分譲地の情報」

この情報を町のホームページで運営されています。これはスゴイです。民間企業並みのことをされています。

実際に分譲価格を見てみますと・・・
557.81平方メートル(約168坪) 1,183,115円
で販売されていました。

1坪当たり7000円!家庭菜園・ガーデニングも楽しめますから素晴らしいですね。市街地も9km、保育所・小学校・中学校も近くにあるようですから、移住を検討されている方にはとても良いと思います。

十勝本別町で介護職員を始めてみませんか

スポンサーサイト

例えば、小さいお子様がおられる家庭で、北海道の十勝本別町に移り住んで、働いてみようかな、というお気持ちのある方であれば、本当にさまざまな支援を受けることができますので、本当におススメすることができます。

もちろん介護職員ということであればなおさらですが、介護職員ではない別のお仕事という事でも支援を受けることができます。お子様に対する支援や住宅に関する支援もさまざま受けることができます。

最後に北海道本別高等学校の生徒さんに対して

スポンサーサイト

今回、たまたま京都駅付近で頂いた資料や素焼黒豆が縁で、このような記事を書かせて頂きました。私自身、十勝本別町を知らない一人でしたが、どこにでもお年寄りはおられますし、高齢者を支える介護職員もおられます。

必要なのは、高齢者と介護職員を支える制度であると思います。

平成30年の介護報酬改定によりどのような報酬になるかはわかりませんが、多くの高齢者福祉の職員は報酬減になるとビクビクして業務に就いている状況です。

その中で、このような十勝本別町の取り組みに触れさせて頂いたことは、本当に良い機会になったと思っています。

それもすべては京都タワー前で私にチラシと黒豆を配って頂いた北海道本別高等学校の生徒さんのおかげです。

いい情報をありがとうございました。

このサイトから良い意味でどんどん情報発信ができればと思っています。

十勝本別町の方がこの記事を見られましたら、ぜひ追加の記事も載せていきたいと思いますので、情報を頂きたいと思います。

記事:いのきぶんいち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする