特養に空きがある現状について思う事

特別養護老人ホームの入所できる対象が以前は要介護1~5でしたが、いまは要介護3~5となりました。 ただこれは原則論ですので、要介護1や2の方だってきちんとした理由があれば入所できるのです。しかし原則不可ですという部分がどうも強いなというのが印象ですね。

NO IMAGE

ケアマネのあなた!介護職への転職を検討してみませんか?

わたしの周りにケアマネジャーはたくさんいるのですが、「もう一度、介護職に戻りたい」という人もちらほら見かけます。介護職時代にケアマネに憧れてケアマネになったものの、なかなか自分が思い描いたような仕事ではなく、「やっぱり介護現場のほうがやりがいがあるな」と思っている方も多いと思うのです。

介護保険サービス利用時の自己負担3割負担検討!?

介護サービス自己負担3割負担案浮上みなさんご存知の通り、介護保険の自己負担額については、介護保険制度がスタートしてから原則一割負担でした。いつかは2割負担、3割負担という話も少しずつ出ていましたが、昨年8月から一定以上の所得の人に対して2割負担となりました。昨年、引き揚げられたばかりなのです。

特別養護老人ホーム(特養)の入所の現状はこうだ!政府はこの現状で本当にいいと思っているのか!

特別養護老人ホームの入所は原則的に要介護3以上に限定されました。認知症と家族の会、老人施設協議会、介護福祉士会などは反対を表明してきたのですが、昨年度より決定したのです。

ケアマネジャーになりたい!けど未経験で不安・・・そんな方のために!

Q、ケアマネジャー資格に合格しました!ケアマネジャーになりたいのですが未経験でも大丈夫でしょうか? A、ケアマネジャー試験の合格おめでとうございます!ケアマネジャーの仕事は大きく分けて施設ケアマネジャーと居宅ケアマネジャーにわかれます。施設ケアマネジャーは入所されている方のケアプランを作成します。入所中においてもその人らしい生活ができるよう介護職・医療職等と連携し、ケアプランを作成します。居宅ケアマネジャーは在宅で生活されている方のケアプランを作成します。その人がいつまでも地域で生活することができるよう、訪問介護やディサービスなどのサービスを調整し、ケアプランを作成します。月に一度はその方の自宅に訪問し、サービスの利用状況をモニタリングします。

介護保険外サービスの使い方!生活が潤うサービス活用方法とは!?

介護保険サービスの利用者数は年々増加しています。 在宅においても同様で2000年4月の時点での在宅サービス利用者数は97万人だったのが、2013年4月においては348万人と3.59倍もの増加がみられています。 高齢化が進んでいるのはもちろんのこと、介護保険サービスが一般的となったのが理由ではないでしょうか。

ケアプランははたして有料になるのか!?賛否両論の中ケアマネジャーはどうなっていくのか!

以前から議論となっている「居宅介護支援での自己負担徴収」。2018年度に行う介護保険制度の見直しにおいて、この検討が進められていることについては前回の改正時においても報道がありました。今後、ケアプランは有料になるのか、有料になるとどうなるのか述べていきたいと思います。