介護保険外サービスの使い方!生活が潤うサービス活用方法とは!?

介護保険サービスの利用者数は年々増加しています。 在宅においても同様で2000年4月の時点での在宅サービス利用者数は97万人だったのが、2013年4月においては348万人と3.59倍もの増加がみられています。 高齢化が進んでいるのはもちろんのこと、介護保険サービスが一般的となったのが理由ではないでしょうか。

ケアプランははたして有料になるのか!?賛否両論の中ケアマネジャーはどうなっていくのか!

以前から議論となっている「居宅介護支援での自己負担徴収」。2018年度に行う介護保険制度の見直しにおいて、この検討が進められていることについては前回の改正時においても報道がありました。今後、ケアプランは有料になるのか、有料になるとどうなるのか述べていきたいと思います。

「地域包括支援センター」が毎日オープンになる?!職員の待遇はどうなる!

厚生労働省ではこの「地域包括支援センター」を土日祝にも営業を促進しようとしています。地域包括支援センターは主任ケアマネジャーを中心に保健師や社会福祉士などが在籍しており、地域における高齢者の相談窓口となっています。何かあればとりあえず相談に行くと、必要な関係機関につないで頂くこともでき、大変便利で重要な役割を担っています。

離れて暮らしている家族に介護が必要に!どうしたらいいのかわからない時は…

親元から離れて暮らしておられる方も多いと思います。 「いつまでもあると思うな親と金」ということわざもありますが、元気だった両親ももちろん年をとるにつれて病気になられたりすることも出てくるでしょう。そんな中で以前のように元気に過ごすことが難しくなってくることもあるかもしれません。

特別養護老人ホーム(特養)に早く入所したい人だけに教えます!

在宅介護をされている方で、実際、特別養護老人ホームの入所ができなくて失望されているという方は少なくないと思います。特別養護老人ホームへの入所には、どのような流れで特養の入所が決定されるのか、どのような基準で特養の入所が決定するのか、例外的に特養に入所できるシステムはないのかなど、詳しくどこよりもリアルにお伝えします。

介護支援専門員(ケアマネジャー)は今後どうなっていくのか?!廃止?それとも国家資格化?!現任者は?

介護支援専門員(ケアマネジャー)の廃止論が叫ばれている中、この資格は今後どのような道を進んでいくのか考えてみたいと思います。介護支援専門員(ケアマネジャー)の廃止論については、「厚生労働省内でケアマネ不要論があるのを知っていますか?」の中で意見を述べていますのでそちらをご覧いただければと思います。

「福祉用具外し」を検討している厚生労働省。その先の方向性は・・・

厚生労働省は、要介護2以下の人に対する福祉用具貸与の給付を縮小することについて検討し始めています。これに対して業界団体は20万人以上の反対署名を集め、「自立支援が破たんする」と安易なサービスの切り捨てをしないよう忠告しています。